読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuanteinayoake

fuanteinayoakeそれを君も待ってるんでしょ。

きゅうそねこかみ

 

 

土曜日は久しぶりにLIVEを見に行った。

キュウソネコカミをはじめて見に行った。

 

キュウソネコカミはただのサブカルバンドだからって

毛嫌いしてる人もいると思う。

でも、もはやそんな人さえディスってるし

きっとリスナーもディスりにディスられている。

 

それもわかってんだよ、

キャッチーなメロディーが流れればそれでいいんだよ

歌詞の意味なんてどうでもいい

俺たちの伝えたいことなんてどうでもいい

 

そこに、今流行ってるメロディーが流れて

誰よりも踊れることができたら、それでいいんだよ

歌詞の意味なんてどうでもいい

 

5フレットと7フレットの繰り返し。

 

ヤマサキセイヤという人がすごく好きだ。

一時期、ヤマサキセイヤがいったいどんな人物なのか知りたくて

いろいろ調べてみたが、関学出身ということしかいまいちわからなかったし

何かを調べることは、とても肩がこる。

 

なんだか窮鼠猫神は、神様みたいだった。

宗教的な、私はこのバンドが好きです、私はこの空間が好きです。

だから、私は、音楽好きという個性があります。

でぃっきーずをはきます。

その下に履くすっぱつもよく見てください!

だった。

この最前列にいる人は、キュウソネコカミの何が好きなんだろう。

きっと、メロディーと歌詞っていうんだろうな。

 

音楽は宗教にちかいな、魔法じゃないけど。(いい加減、おおもりせいこで靖子て変換できるようにしてほしい)

私はこれを信じています!音楽の力(?)を信じています!!

だから、聖書が難しくて読めなくてもいいんだ。

誰かが、あの音楽がいいよあれを聞くと救われるんだって伝道師になれば

その音楽がどういう意味であれ、どういう意図であれ

それは、頼みの綱となる。

 

整理番号が二けただったので、最初は3列目で待機していたが

苦しい苦しい、もみくちゃもみくちゃ全然見えない、落ち着いてみたい

ということで、真ん中くらいまで下がってボーっと見たり踊ったりボーっとみたりした。

サブカルライブキッズ、とてもクールだよ。

 

 

一緒にいった先輩が

キュウソもどんどん黄色い歓声が増えると言っていた。

サブカルコンテンツに落ち着いてしまったか。

 

 

僕たちはロックバンドの何を愛しているのだろう。

いや、僕たちはロックバンドを愛しているのではなく

ロックバンドを愛している僕が好きなのだ。

 

僕たちはただ、挿絵がたくさん入った聖書を読んでいるだけ

そうすれば救われる。それ以上に日常は退屈だもの。

 

意味なんかいらんそれでおっけー

結局音楽はBGM

 

でも、それでもキュウソネコカミ

今日はきてくれてありがとうって笑ってくれるし

カメハメハもうちまくる。

三本目の柱になったり、観客の上を歩く歩く。

 

 

かっこいいな。